普段は元気なのに、季節の変わり目になると体調が悪くなることが多くなるという女性が増えています。

 

大きな原因として、季節の変わり目は、気温の変化が大きいことがあげられます。

 

気温変化が大きいと、体も機能を維持するのに負担がかかったり、自律神経が乱れたりして、体調を崩しやすくなるのです。

 

季節の変わり目だから体を壊すというわけではなく、日常のストレスや気温の変化によって症状が出やすくなってしまうわけです。

 

「身体がシャキっとしない」「疲れがとれない」「食欲がない」「朝起きるのがつらい」「一日中眠い」「夜、寝つけない」など、さほど珍しくないことですが、自律神経失調症の全身症状は、このような症状から始まります。

 

気温の変化だけでなく、気圧の変化でも身体に影響することがあります。

 

雨などの悪天候の時に、だるさや頭痛、昔痛めた古傷が痛むということがよくあります。

 

この雨による体のだるさや頭痛などは天気や気圧の変化で起こるものとされています。

 

原因としては体内の水分の巡りが悪いと気圧の変化で体がだるくなったり、頭痛を感じたりします。その他、血管の収縮が激しい場合も頭痛を感じることがあります。

 

なので、すぐに鎮痛剤を飲むのではなく、体内の水分の巡りが良くなるように体を温めたり、頭痛で緊張状態になっている首をマッサージするとある程度の痛みは緩和できます。

 

同じ要領で疲労が蓄積され、ふとした瞬間にピキッと痛みが走り、ぎっくり腰や寝違えてしまう方が急増しています。

 

新浦安、浦安、舞浜エリアのクネア鍼灸整骨院では予防治療にも力を入れております。

 

怪我を怪我の前で防いでいけるように心掛けて治療していきます。