朝起きたら、首や肩が痛くなったという経験をお持ちの人は多いと思います。

これは、寝違えで辛い痛みを感じるものです。寝違えた時は、首を回してみたり、どうにかして痛みを和らげようとしても、なかなかその痛みはなくなりませんよね。

寝違えが起きてしまう原因を知ることで、寝違えたときも対処しやすくなりますし、寝違えにならないように対策することも出来ます。

寝違えは、首や背中などに不自然な力が、長時間加わることによって起きる炎症です。筋肉がこわばってしまっているので、痛みがあり、動かないなどの症状がでてきます。寝違えた時は、主に首に症状が現れる事が多いです。慢性的に痛みを感じる場合もあるようですが、ほとんどの場合は突発的な生じるの痛みです。

寝ている間は、不自然な姿勢になってしまうことがあります。普通であれば、寝がえりをうったりすることで、体に負担をかけないように姿勢を変えるのですが、時に不自然な姿勢のまま、眠り続けてしまうことがあります。

そうなってしまうと、首や背中などに不自然に力が持続的に加わってしまいます。そして朝、目が覚めると炎症を起こして、痛みか生じてしまうのです。寝違えは、場合によっては1ヶ月以上も痛みが続くこともあるようです。

寝違えは、首や肩のコリが関係していると思われる人も多いと思いますが、実は寝違えは、脇の下にある腋窩(えきか)神経が長時間圧迫されることが原因となっています。脇窩神経は、首を支える筋肉と繋がっています。そのため、この神経が血行不良になると、首に痛みが生じるのです。

もちろん上記以外にも考えられることはまだあります。

新浦安、浦安、舞浜エリアのクネア鍼灸整骨院では、いち早く原因を把握し、適切な治療をご提供いたします。

病院や整体で治らなかった痛みは、新浦安、浦安、舞浜エリアのクネア鍼灸整骨院にお任せください。