不自然な格好で寝たことなどによって、首の周辺の筋肉が無理に引き伸ばされたり、椎間関節に過剰な圧力がかかったりすると、急性の炎症がおきて首や肩に強い痛みが生じます。
寝違えを防ぐためには、寝ている間も首の骨のカーブを支えられるような高さの枕を選び、高すぎる枕や柔らかすぎる敷布を使わないようにすることが大切です。

テニスなどの長時間のスポーツや、車の運転、パソコン入力、デスクワークなど同じ姿勢での作業で首や肩の筋肉を酷使すると、筋肉に乳酸という疲労物質がたまり、炎症が起きることがあります。
このような場合は、5~7cm程度の高さの枕でゆっくり休息をとりましょう。

「肩がこった」というのは
簡単にいうと筋肉が緊張している状態です。
緊張とはつまり縮んで固くなった状態です。
筋肉とはゴムみたいなもので
伸びたり縮んだりする仕組みになっています。
そのときに主に緊張してしまうのが
僧帽筋と肩甲挙筋。
ここをほぐすのが重要です。
いろいろな原因で肩こりや寝違えは起こります。
新浦安、浦安、舞浜エリアのクネア鍼灸整骨院では、肩こりや寝違えに対して
適切な処置を施すことが出来ます。
有国家資格者がお体の状態を細かく分析し、わかりやすくお伝えします。
肩こりや寝違えでお困りの方は、新浦安、浦安、舞浜エリアのクネア鍼灸整骨院にぜひお越しください!